算数検定の中学受験勉強への活用方法

中学受験勉強にも役立つ算数検定

中学受験での算数の勉強に役立つものとして算数検定があります。算数検定とは、小学生の算数の力を測る公的な検定制度で、中学生以上の数学検定とともに実施されています。

 

算数検定は6級から11級まで。
6級が最も難しく小学校6年生レベルで、11級が小学校1年生レベルです。

 

ちなみに、1級から5級は数学検定と呼ばれ、最も難しい1級は社会人・大学生レベルです。

 

初めて算数検定という名前を聞く人もいるかもしれませんが、1992年から20年以上も行われています。2006年以降は年間の受験者が30万人以上(数学検定含む)もいる人気の検定です。

 

中学受験と算数検定

算数検定の良いところは良質な問題が多いということです。

 

基本的に落とすための試験ではなく、理解度を確認するための試験だからです。
このため、ひっかけ問題は少なく、理解度を測る良い問題が多くなっています。

 

中学受験の算数では、基礎的な理解力をつけることが大切です。
そうしないと、応用問題が解けるようになりません。

 

模試の問題は差をつけるために応用問題やひっかけ問題が入っています。
基礎力がない段階でこうした問題を解くと頭の中が混乱してしまうだけです。

 

その点、算数検定は良質な問題が中心なので、算数の基礎力を確認するのに役立ちます。
また、上の学年のレベルの検定を受けられるので、先取り勉強の確認にもなります。

 

算数検定の級レベル一覧
レベル問題数・時間合格基準検定料
6級小学6年生30問・50分全問題の70%程度2,000円
7級小学5年生30問・50分全問題の70%程度2,000円
8級小学4年生30問・50分全問題の70%程度2,000円
9級小学3年生20問・40分全問題の70%程度1,500円
10級小学2年生20問・40分全問題の70%程度1,500円
11級小学1年生20問・40分全問題の70%程度1,500円
  • 1級から5級は数学検定
  • どの級からでも受験できます(小学生が数学検定を受けることも可能)
  • 検定日や申し込み方法など詳細は公式サイトをご確認ください。

 

算数検定の日程(2015年)9月実施分まで
試験日団体・個人受験申込開始日申込締切日
6月20日(土)団体4月27日5月18日
7月11日(土)団体5月25日6月 8日
7月26日(日)団体・個人6月 8日6月22日
8月22日(土)団体7月 6日7月21日
9月19日(土)団体8月 3日8月24日
  • 団体受験というのは学校や塾などで受け付けているものです。
  • 受け付けている学校や塾がない場合は、個人受験に申し込んで公開会場で試験を受けることが出来ます。

PR


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方