夏期講習より効果的な算数の総復習方法を紹介

夏期講習より効果的な算数の総復習方法

夏期講習では1学期の総復習を行うことが多いのですが、算数の場合は1学期の総復習だけでは成績が上がらないケースもあります。

 

算数は積み上げ科目と言われるように前の学年で習ったことを前提に新しいことを勉強していく科目だからです。このため1学期だけではなく前学年の復習が必要になることもあります。

 

ただし、夏期講習では前の学年の復習というのはあまり行いません。
このため算数がニガテな子は夏期講習とは別の勉強方法が必要になります。

 

前の学年に戻って勉強するときの注意点

6年生から5年生、5年生なら4年生と前の学年まで戻って復習するときには気をつけなければならないことがあります。それは、すべてを復習する必要はないということです。

 

復習するのはわからないところ苦手なところだけ。

 

算数には、計算、図形、文章題などいといろな単元があります。
計算だけでも、かけ算、割り算、分数、小数と細かく分かれてますよね。

 

このすべてを復習する必要はありません。
すべてをやろうとするとわかっているところはカンタンすぎで飽きてしまいます。

 

6年生が5年生の問題集を最初から解き始めるというのがこのパターンです。
すでにできる問題を解いても成績は上がりません。

 

出来ない問題を出来るようにならないと意味がないのです。問題集を途中からやるのはもったいなく感じてしまうかもしれませんが、復習は必要なところだけ使うようにしましょう。

 

2つ前の学年に戻ることも必要

苦手な単元であれば2学年下まで戻って勉強し直すことも必要です。
6年生なら4年生の範囲、5年生なら3年生の範囲ということです。

 

6年生なら5年生の範囲をすべて復習し直すよりも、苦手なところだけ4年生、5年生の範囲を勉強し直すほうが成績アップにつながります。

 

このときのオススメの勉強方法はスタディサプリ小学講座を使ったものです。スタディサプリ小学講座は追加料金なしで4年生から6年生までの範囲を使用することができます。

 

内容は動画授業問題演習

 

6年生でも4年生の授業を動画で見ることができるというわけです。参考書を使って自分で復習するよりも授業で説明してもらったほうがわかりやすいものです。

 

授業を行っている先生もカリスマ講師と呼ばれるような先生です。
無料体験で授業を見てみることもできるので、ぜひチェックしてみてください。

 

PR


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方