中学受験の算数に出る「なんとか算」一覧

中学受験の算数に出る「なんとか算」を一覧で整理しました

中学入試の算数では「つるかめ算」「旅人算」など「なんとか算」と名のつくものが数多く出題されます(この「なんとか算」は正確には特殊算と呼びます)。

 

この「ナントカ算」にはどんなものがあるのかを一覧でまとめました。

 

中学受験のナントカ算一覧

つるかめ算

最もポピュラーなのがつるかめ算です。ツルとカメが合計で●頭いて、足の合計は▲本。ツルとカメはそれぞれ何頭ずつか?というのが基本問題です。

 

ただし、中学入試レベルではツルもカメも出て来ない「つるかめ算」が一般的です。

 

詳しくは下記からご確認ください(例題、解き方など掲載しています)。
鶴亀算の解き方

旅人算(たびびとざん)

旅人といっても必ずしも旅をするわけではありません。時間差で出発した人が出会う時間や追い越す時間を求める問題です。

 

旅ではなく学校に向かった場合や池の周りを回る問題などが出題されます。
詳しくはコチラ ⇒ 旅人算の解き方

流水算(りゅうすいざん)

川を進む船の速さなどを求める問題です。川の流れに沿って船が進む場合と、川の流れと反対に船が進む場合の違いがポイントとなります。

 

速さ、時間の求め方が問われる出題が多くなっています。
詳しくはコチラ ⇒ 流水算の解き方

植木算(うえきざん)

一定の間隔で木を植えていくときに必要となる木の本数などを求める問題です。必ずしも植木とは限りません。トラック1周に10m間隔で旗を立てるといった問題もあります。

 

詳しくはコチラ ⇒ 植木算の解き方

通過算(つうかざん)

電車が橋やトンネルを通過するときの時間などを求める問題です。電柱などある特定の地点を電車が通過するのにかかる秒数を求める問題などもあります。

 

詳しくはコチラ ⇒ 通過算の解き方

仕事算(しごとざん)

仕事という言葉がややこしい(抽象的)なのですが気にする必要はありません。何かをするときに、一人でするときと何人かでするときの時間の違いを求めるような問題です。

 

問題文では「ある仕事をするのに…」といった形式で出題されます。
詳しくはコチラ ⇒ 仕事算の解き方

相当算(そうとうざん)

相当算とは割合や比を求める問題です。
「全体の5分の2を終えるのに3時間かかった…」といったような形式で出題されます。

 

いくつかのパターンがあるので実際の問題で確認してみてください。
詳しくはコチラ ⇒ 相当算の解き方

時計算(とけいざん)

これは文字通り時計に関する問題です。長針と短針の動きや角度について問われます。

 

詳しくはコチラ ⇒ 時計算の解き方

年齢算(ねんれいざん)

家族など複数の人の年齢の関係について問われる問題です。
「AさんがBさんの年齢の2倍になるのは何年後か」というような出題になります。

 

詳しくはコチラ ⇒ 年齢算の解き方

和差算(わさざん)

2つの数字の和(足した数)と差(引いた数)をもとに2つの数字を求めるような問題です。
なんとか算の中では小学校の授業でも習うことが多いものです。

 

詳しくはコチラ ⇒ 和差算の解き方

過不足算(かふそくざん)

過不足とは、あまったり、足りなかったりするという意味です。クラス全員にものを配るときに3個ずつだと足りないし、2個ずつだとあまるといったケースです。

 

詳しくはコチラ ⇒ 過不足算の解き方

平均算(へいきんざん)

その名の通りモノの平均を求める特殊算です。
ただし、単純にすべてを足して、個数で割る問題だけではありません。

 

詳しくはコチラ ⇒ 平均算の解き方

その他のナントカ算

PR


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方