中学受験の算数に出てくる年令算の解き方を解説

年齢算の解き方(基本問題−3)

中学受験の算数に出てくる年令算についての解き方の解説です。

 

今回は二人の年齢の比をもとに計算していく問題です。
では、問題文からみていきましょう。

 

年齢算の基本問題(3)

 

わかばさんのお母さんの年令はわかばさんの年令の5倍ですが、7年後にはこれが3倍になります。今のわかばさんの年令を求めなさい。

 

問題文の中に年齢が出てこないタイプの年齢算です。
解く手がかりとなるのは二人の年令の比。問題文を整理してみます。

  • わかばさんの年令×5=お母さんの年令(今)
  • わかばさんの年令×3=お母さんの年令(7年後)

手がかりとなるのはこれだけです。
どのように解けばよいか、順番に見ていきましょう。

 

年齢算の解き方

わかばさんの年令を「1」として、お母さんの年令とその差をあらわすと、

  • (今)…わかばさん「1」:お母さん「5」、その差「4」
  • (7年後)…わかばさん「1」:お母さん「3」、その差「2」

二人の年齢を比べるときは年齢差は何年たっても変わりません
(お互いに1才ずつ年を取るので)

 

そこで、その差「4」と「2」を同じにします。(7年後)の差「2」を2倍して「4」にするために、わかばさん「2」:お母さん「6」とします。

 

整理すると、

  • (今)…わかばさん「1」:お母さん「5」、その差「4」
  • (7年後)…わかばさん「2」:お母さん「6」、その差「4」

 

わかばさんが「1」から「2」になるのに「7年」かかったということになります。
ということは、「2」−「1」=「1」が7年となります。

 

検算

念のため確認してみると…

  • (今)…わかばさん7才、お母さん35才
  • (7年後)…わかばさん14才、お母さん42才

(今)は5倍、(7年後)は3倍になっています。

 

 

答え.7才

 

 

年齢算の練習問題(3)

だいご君のお父さんの年令はだいご君の年令の7倍ですが、5年後にはこれが4倍になります。今のだいご君の年令を求めなさい。

 

解答はコチラ ⇒ 年齢算練習問題の解答

PR


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方