中学入試(算数)に出る流水算の解き方と練習問題

距離を求める流水算の解き方

今回は進んだ距離を求める流水算の解き方についての解説です。
基本的な考え方は時間を求める問題と同じです。

 

では、確認してみましょう。

 

進んだ距離を求める流水算の問題

 

静水時の速さが時速20キロの船が、2時間川を上りました。
川の流れが時速6キロだった場合、進んだ距離はどのくらいでしょうか?

 

流水算のポイントは、川の流れを考慮した船の時速を計算することです。
注意するのは川を上るのか下るのかということです。

 

進んだ距離を求める流水算の解き方

上記の問題についての解説です。

 

静水時の船の時速は20キロですが、この船は川を上っています。
川を上るということは、川の流れの速さだけ戻されるということ。

 

20キロ(船の時速) − 6キロ(川の時速) = 14キロ
が、船が1時間で進む距離になります。

 

船が川を下る場合は、
20キロ(船の時速) + 6キロ(川の時速) = 26キロ となります。

 

この問題は2時間川を上るということなので、
14キロ × 2時間 = 28キロ が船が進んだ距離となります。

 

流水算の公式(中学受験算数のポイント)
  • 船が下る場合の速さ = 船の速さ + 川の流れの速さ
  • 船が上る場合の速さ = 船の速さ − 川の流れの速さ

公式のおさらいです。重要なのでしっかり覚えましょう。

 

流水算の練習問題(2)

静水時の速さが時速15キロの船が、2時間30分川を下りました。
川の流れが時速3キロだった場合、進んだ距離はどのくらいでしょうか?

 

解答はコチラ ⇒ 流水算練習問題の解答

PR


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方