中学入試(算数)に出る流水算の解き方と練習問題

速さを求める流水算の解き方

今回は船の速さ(時速)を求める流水算の解き方についてです。
考え方は時間や距離を求める問題と同じです。

 

船の速さを求める流水算の問題

 

時速6キロで流れている川があります。
この川を船で2時間下ったところ、40キロ進みました。
静水時の船の速さはどのくらいでしょうか?

 

静水時の船の速さというのは、川の流れの影響を受けない速さということです。
では、順番に確認しています。

 

船の速さを求める流水算の解き方

静水時の船の速さが時速0キロ(進まない)とすると、
川の流れだけで進む距離は、2時間×6キロ=12キロです。

 

40キロ進んだということは、
40キロ − 12キロ = 28キロが船の速さで進んだ分です。

 

これを2時間で進んだので、
28キロ ÷ 2時間 = 14キロ(時速)が答え(船の速さ)です。

 

流水算の公式(中学受験算数のポイント)
  • 船が下る場合の速さ = 船の速さ + 川の流れの速さ

公式を使って確認してみます。

 

船が下る速さは、14キロ(船の速さ) + 6キロ(川の速さ) = 20キロ(時速)。

 

時速20キロで2時間進んだので、
20キロ × 2時間 = 40キロとなります。

 

流水算の練習問題(3)

時速7キロで流れている川があります。
この川を船で3時間上ったところ、18キロ進みました。
静水時の船の速さはどのくらいでしょうか?

 

解答はコチラ ⇒ 流水算練習問題の解答

 

PR


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方