中学入試の算数文章題の勉強法で気をつけたいことを解説

中学入試の算数文章題の勉強法で気をつけたいこと

中学入試では算数の文章題が配点で大きなウェートを占めています。

 

つるかめ算など特殊算と呼ばれるものは小学校の勉強だけでは不十分なため、塾などで中学入試対策用に勉強しなければなりません。

 

ただし、塾の勉強だけでは不十分なので気をつけなければなりません。

 

文章題の勉強では質も量も大切

勘違いポイント

勉強は量よりも質が大事と考えるのはキケンです。

 

「勉強は量よりも質が大事」というのは小学生には必ずしもあてはまりません。
小学生のうちは問題を解く「引き出し」が少ないからです。

 

ある程度の勉強量を確保することで「引き出し」を増やさなくてはならないのです。
特殊算などの文章題では、特に必要です。

 

量をこなすことで応用が出来るようになり、知っているパターンにあてはめて解くことができるようになるからです。

 

ところが、文章問題は計算問題よりも一問を解くのに時間がかります。
このため解いた問題の絶対数が不足しがちなのです。

 

同じ一時間の勉強で比べてみれば、すぐわかると思います。
計算問題は何十問も解けるのに対し、文章問題は数問です。

 

文章題は意識して問題数を多くしないと足りなくなってしまうのです。
ただ、塾の授業時間は限られています。

 

塾の授業だけで数多く文章題を解くというのには無理があるのです。

 

塾の「ひとりよがり」に注意

気をつけるべきポイント

カッコいい解き方を解説してくれる塾の授業に注意。

塾でも特殊算の勉強をすることはあると思います。
ただ、このときにも注意しなければならないことがあります。

 

難しい問題をカッコいい解き方で解く解説が塾の授業では多くなりがちです。
そのほうが、授業への満足度が高くなるからです。

 

ただし、実際のテストで使えるとは限りません
そのパターンの問題が出題されるとは限らないからです。

 

難問を解くことで応用力がつくのは、すでに解き方の「引き出し」がある人。
「引き出し」がない状態で聞いてもあまり効果がありません。

 

評判の塾なのに成績が伸びない原因がココにあります。
講師の「ひとりよがり」の解説授業が行われているのです。

 

カッコいい解き方を解説してくれるので満足度は高くなります。
ただ、テストで点が取れるようになるかというと話はベツというわけです。

 

テストで点が取れるようになるために必要なのは、難しい問題のカッコいい解き方を知ることではなく、出来るだけ多くの文章題のパターンを知って、解き方の「引き出し」を増やすrことです。

 

一定のパターンを覚えてしまえば点が稼げるのが文章題

文章題の勉強法

すべて自分で解こうと思わない。

計算問題や図形問題はパターンにあてはめられない問題が少なくありません。
また、計算問題だと解き方がわかっていてもケアレスミスしてしまうこともあります。

 

これに対し、文章題はパターンさえ覚えてしまえば正解できます。
確実に得点源にすることができるのです。

 

そのためには、ある程度の量を解いてパターンを覚えることが必要です。
ただし、必ずしもすべて自分で解く必要はありません。

 

ちょっと考えてわからなければ解説を聞くでOKです。
解き方のパターンを覚えることが目的なので、それで十分です。

 

自分で頑張ろうとしすぎると出来ないことがストレスになる危険もあります。
また、ニガテ意識を生んでしまう可能性もあります。

 

知っているパターンが少ないときは出来ないのが普通。
解き方を覚える感覚で勉強すればイイのです。

 

文章題がニガテという子は、勉強量が足りていないことがほとんどです。
ここでの勉強量とは勉強時間ではなく、解いた文章題の数のことです。

 

塾だけでは勉強できる文章題の数に限界があります。
自宅学習で補う必要があります。

 

オススメ勉強ツール

算数の文章題(中学入試レベル)が豊富で解説動画も充実しています。
スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

PR


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方