中学入試(算数)に出る通過算の解き方と練習問題

通過算(基本問題1)の解き方

中学受験算数で出る通過算についての解き方の解説です。
今回は通過算の中で電柱や人など長さのないものを通過するタイプの問題についてです。

 

まずは、問題をみてみましょう。

 

通過算の基本問題

 

長さが180mある列車が電柱を通過するのに10秒かかりました。
この列車の速さは秒速何mでしょうか?

 

これが通過算の最も基本的な問題です。

 

通過算の中には鉄橋やトンネルの中を列車が通過する問題がありますが、その前に基本となるのがこの基本問題です。

 

例題では「電柱を通過するのに」となっていますが、人や旗を通過する場合もあります。
どちらも通過するもの(電柱、人、旗)の長さがゼロというところが共通点です。

 

正確に言えば長さはゼロではありませんが、中学受験の算数ではゼロとみなします。
(逆に、トンネルや鉄橋は長さがあります。)

 

通過算の解き方

長さがゼロなものを通過するときの速さの計算はカンタンです。

  • 速さ = 距離 ÷ 時間

この問題での距離というのは電車の長さのことです。
ということは、 180m ÷ 10秒 = 秒速18m が答えです。

 

簡単ですよね。
では、練習問題では列車の長さを求める問題に挑戦してみましょう。

 

通過算の練習問題(1)

秒速20mで走る列車がある電柱を通過するのに15秒かかりました。
列車の長さは何mでしょうか?

 

解答はコチラ ⇒ 通過算練習問題の解答

PR


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方