中学入試(算数)に出るつるかめ算の解き方と練習問題

速さの鶴亀算の解き方

今回は速さに関する鶴亀算問題を取り上げます。
問題を読んだだけでは、鶴亀算と気がつかない子も多いのですが、鶴亀算と同じ解き方です。

 

速さに関する鶴亀算の問題

 

ひろし君の家から駅までは2,320mあります。
電車の時間に間に合うためには15分で駅に着かなければなりません。
ひろし君は歩くと1分で120m、走ると1分で250m進めます。
15分で駅に着くには何分間走れば良いでしょうか?

 

速さ(スピード)が違うものが出てくるのが速さの鶴亀算です。
歩きと自転車というパターンの問題もあります。

 

合計の距離と時間が決められていて、それぞれの時間を求めるというのが典型的です。
解き方は普通の鶴亀算と同じです。

 

速さの鶴亀算の解き方

「全部どちらかだったら」と考えるのが鶴亀算の解き方です。
ツルとカメが出てくる場合は、全部ツルだったらと考えますが、この速さの問題でも同じ。

 

全部、歩いたらと考えます。すると…
15分×120m=1,800mしか進めません。

 

必要なのは(駅までは)2,320mなので、
2,320m−1,800m=520m足りません。

 

走ったときと歩いたときの距離の差を求める
  • 走ったときは、1分で250m
  • 歩いたときは、1分で120m

ということは、歩きから走りに変えることで1分あたり130m(250m−120m)多く進めることになります。

 

全部歩きだと520m足りなかったので、
これを補うには520m÷130m=4分走れば良いことになります。

 

あとはカンタンな引き算です。
15分−4分(走り)=11分(歩き)。

 

確認してみると、

  • 歩き11分×120m=1,320m。
  • 走り4分×250円=1,000m。

1,320m+1,000m=2,320円となります。

 

つるかめ算の練習問題(3)

あきこさんの家から学校までは1,320mあります。いまから12分で学校に着かなければなりません。あきこさんは歩くと1分で90m、走ると1分で170m進めます。
12分で学校に着くには何分間走れば良いでしょうか?

 

解答はコチラ ⇒ 鶴亀算練習問題の解答

 

イチオシ! スタディサプリ小学講座の応用講座に特殊算についての解説動画があります。
学年別に取り扱っているのは下記の通り。

  • 6年生…流水算、通過算、時計算、旅人算応用
  • 5年生…旅人算、相当算、還元算、平均算、仕事算、倍数算、ニュートン算
  • 4年生…和差算、やりとり算、消去算、つるかめ算、過不足算、方陣算

わかりやすいと評判なので見たことがない人は下記からチェックしてみてください。
スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

PR


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方