算数での苦手分野を克服

算数での苦手分野を克服するためのコンテンツ

算数での苦手分野を克服するためのコンテンツを掲載しています。

 

算数は計算問題図形問題文章問題など単元により考え方が異なるため、得意不得意ができてしまうことが少なくありません。また、何かひとつの単元が苦手なだけで算数全体ができないと思い込んでしまうことも小学生にはありがちです。

 

このカテゴリでは算数の苦手を克服するための記事を掲載しています。
参考にしてみてください。

 

計算問題が苦手な人向けのコンテンツ

約分が苦手な人のための割り切れる数の見つけ方

約分をするときには割り切れる数を見つけなければいけません。
これができないと約分ができず、分数が苦手になってしまいます。

 

「偶数なら2で割り切れる」ということは知っていても、3で割り切れる数は?4で割り切れる数は?となると覚えてない人も多いのではないでしょうか。学校で習っているはずです。

 

割り切れる数の見つけ方を整理しました。

 

 

分数計算が苦手な人向け異分母の計算問題のポイント

分数の計算問題が苦手な人がつまずきやすいのが異分母の足し算や引き算の問題です(分母の数がちがうが、異分母です)。

 

分数の足し算、引き算は分母が同じであれば分子を計算するだけでカンタンですが、分母が異なる場合は通分をしなければなりません。

 

ここでつまずいてしまうんですね。
例題に沿って順番に解説していきたいと思います。

 

 

分数が苦手な人向け約分と最大公約数のポイント

分数の計算のときに必要になってくるのが約分です。

 

基本的なことですが、約分のやり方をしっかりマスターしておかないと分数の計算が苦手になってしまいます。通分と約分がごちゃごちゃになってしまってる人は注意。

 

約分と関係が深い最大公約数についてから整理して考えていきましょう。

 

 

苦手な計算問題を得点源に変えてしまうための公式

算数の計算問題は解き方の公式・コツを覚えておくことでカンタンになります。苦手な人ほど真面目に解こうとして、時間が掛かってしまったり、計算ミスをしてしまうものです。

 

例えば、同じ数字をかけたり、割ったりする計算はまとめることでカンタンになります。

【計算をカンタンにする公式】
・△×●+□×● = (△+□)×●
・△÷●+□÷● = (△+□)÷●

 

●は同じ数字を意味しています。

このように同じ数字をかけたり、割ったりするときは、先に足し算の部分をまとめておくことで計算がカンタンになります。具体例で見てみましょう。

 

 

【再確認】分数の苦手克服(分母が異なる分数の足し算と引き算)

分母が異なる分数の足し算と引き算通分してから計算しなければなりません。
ところが、分数が苦手な人は、通分の時点でつまずいてしまうんですよね。

 

ポイントを整理したので、しっかり理解しておきましょう。

 

 

図形が苦手な人向けのコンテンツ

立体図形が苦手な人にオススメの勉強法

算数の単元中でも得意な人と苦手な人がはっきり分かれるのが図形です。特に立体図形は苦手な人にとっては、さっぱりわからないものです。

 

反対に得意な人にとっては、勉強よりもパズルのような面白さに夢中になるものです。それだけに、得意な人と苦手な人でテストの得点差が大きくなってしまいます。

 

中学受験を考えている人はニガテのままにしておくことができませんよね。

 

 

文章題が苦手な人向けのコンテンツ

算数が苦手でも覚えられる速さの公式の覚え方

算数に出てくる速さの公式の覚え方としては「は・じ・き」が有名ですが、いまいち覚えにくいという人もいるのではないでしょうか。算数が苦手な人にはわかりにくいですよね。

 

そこで、「は・じ・き」以外の速さの公式の覚え方を紹介してみたいと思います。

 

「は・じ・き」の公式とは

まず最初に「は・じ・き」の公式について確認してみましょう。
「は・じ・き」は、それぞれ次のことを意味しています。

  • 「は」 … 速さ
  • 「じ」 … 時間
  • 「き」 … 距離(道のり)

これを円の中に当てはめると計算式がわかるというのが「は・じ・き」の公式です。

 

page top