6の倍数の見つけ方

6の倍数の見つけ方と練習問題

6の倍数を見つける方法は、2の倍数の条件と3の倍数の条件を使います。

  • 2の倍数の条件…下1ケタの数字が偶数(0,2,4,6,8)
  • 3の倍数の条件…すべての位の数を足した数字が3の倍数

この2の倍数と3の倍数の条件が両方成り立つのが6の倍数です。

 

例えば、12と21で考えてみます。

 

どちらもすべての位の数を足すと3です。
12は1+2=3、21は2+1=3。

 

このため3の倍数の条件は12も21もあてはまります。
12=3×4、21=3×7でどちらも3倍数です。

 

ただし、2の倍数の条件が違います。
12は下1ケタの数字が2なので偶数、21は下1ケタの数字が1なので奇数です。

 

つまり、12は2の倍数ですが、21は2の倍数ではありません。
整理すると次のようになります。

  • 12…2の倍数の条件も3の倍数の条件も成り立つ
  • 21…3の倍数の条件は成り立つが、2の倍数の条件は成り立たない

 

6の倍数となるのは、2の倍数の条件も3の倍数の条件も成り立つときです。
よって、12は6の倍数(12=6×2)だが、21は6の倍数ではないということになります。

 

2つの条件を組み合わせて考えるというのは複雑そうですが、2の倍数の条件がカンタン(下1ケタの数字が偶数)なので、慣れてしまえば、難しくありません。

 

では、慣れるための練習問題に挑戦してみてください。

 

6の倍数を見つける練習問題

【練習問題】6の倍数なら〇、6の倍数でなければ×で答えなさい。

数字答え
問題1答え1
問題2答え2
問題3答え3
問題4答え4
問題5答え5

赤い部分をクリックすると正解が表示されます。

違う問題で確認

ココをクリックすると問題が再作成されます

難関私立中を目指している人はチェック!

page top