中学入試(算数)に出る流水算の解き方と練習問題

時間を求める流水算の解き方

中学受験算数の中での流水算についての解説です。
流水算というのは、川の流れの速さと舟の進む速さを関連させた問題です。

 

今回は流水算の中でも基本的な時間を求める問題を取り上げます。

 

時間を求める流水算の問題

 

時速12キロの速さで進む船が、時速4キロで流れている川を、80キロ下るのに必要な時間は何時間でしょうか?

 

これが典型的な流水算の問題です。

 

前提として船の進む速さ(この問題では12キロ)は、静水時のスピードのこと。
船の速さに、川の流れの速さが加わるとどうなるか?というのが流水算のポイントです。

 

時間を求める流水算の解き方

それでは、上記の問題についての解き方の解説です。

 

船の速さが時速12キロということは、
川の流れを無視すると、船は1時間に12キロ進みます。

 

また、川の流れが時速4キロということは、
船は自ら進まなくても1時間に4キロは川を下ることになります。

 

船は80キロ下るので、
12キロ+4キロ=16キロが1時間で進む距離となります。

 

※船が上るとすると、12キロ進んでも、川の流れで4キロ下るので、
12キロ−4キロ=8キロが1時間で進む距離です。

 

流水算の公式(中学受験算数のポイント)
  • 船が下る場合の速さ = 船の速さ + 川の流れの速さ
  • 船が上る場合の速さ = 船の速さ − 川の流れの速さ

 

上の問題では、船が下るので、時速は12キロ+4キロ=16キロ。
時速16キロで80キロ進むのに必要な時間は、80÷16=5時間となります。

 

流水算の練習問題(1)

時速10キロの速さで進む船が、時速3キロで流れている川を、35キロ上るのに必要な時間は何時間でしょうか?

 

解答はコチラ ⇒ 流水算練習問題の解答

PR


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方