中学受験(算数)に出る植木算の解き方と練習問題

植木算の解き方

中学受験の算数でよく出る植木算について解説しています。

 

植木算とは、その名の通り植えた木の数が何本かということを求める問題です。
パターンは大きく分けて3つあります。

  • 両端に木を植える
  • 両端に木を植えない
  • 円形に木を植える

それぞれに木の数を求める公式があります。

  • 両端に木を植える … 木の数 = 間隔の数 + 1
  • 両端に木を植えない … 木の数 = 間隔の数 − 1
  • 円形に木を植える … 木の数 = 間隔の数

 

公式に出てくる「間隔の数」は「全体の距離 ÷ 間隔の長さ」で求められます。
具体的には下記のような問題になります。

 

【問題】植木算(両端に木を植えるパターン)

 

100mの道路に端から端まで4m間隔で木を植えるとき、何本の木が必要でしょうか?

 

⇒ この問題の解説と解き方はコチラ

 

【問題】植木算(両端に木を植えないパターン)

 

電柱から電柱まで100mあります。
この間に4m間隔で木を植えるとすると、木は何本必要でしょうか?

 

⇒ この問題の解説と解き方はコチラ

 

【問題】植木算(円形に木を植えるパターン)

 

周囲が120mの池の周りに、5m間隔で木を植えました。
全部で木は何本必要だったでしょうか?

 

⇒ この問題の解説と解き方はコチラ

 

木を植えない植木算

「木の代わりに旗を立てる」や「校庭一周に等間隔で人が立つ」といった木を植えない植木算もあります。解き方は植木算の考え方と同じです。

 

練習問題で植木算だと見抜けるようにすることがポイントです。

 

イチオシ! スタディサプリ小学講座の応用講座に特殊算についての解説動画があります。
学年別に取り扱っているのは下記の通り。

  • 6年生…流水算、通過算、時計算、旅人算応用
  • 5年生…旅人算、相当算、還元算、平均算、仕事算、倍数算、ニュートン算
  • 4年生…和差算、やりとり算、消去算、つるかめ算、過不足算、方陣算

わかりやすいと評判なので見たことがない人は下記からチェックしてみてください。
スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

PR


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方