中学受験の算数に出てくる和差算の解き方を解説

和差算の解き方

中学受験の算数に出てくる和差算のオリジナル問題と解き方の解説です。
和差算は、二つの異なる数字の和と差から、それぞれの数字を求める計算です。

 

中学入試の問題では、ほかの文章題と組み合わせて出ることもあります。基本的な和差算の問題は次のようなものです。

 

【問題】 和差算(1)

 

はるかさんと弟の一か月のおこずかいを足すと1,800円になります。はるかさんが弟より200円多くおこずかいをもらっているとすると、二人のそれぞれのおこずかいはいくらでしょうか?

 

これが最も基本的なパターンの問題です。
和差算は公式をあてはめて解くことができます。

和差算の公式

  • 大きいほうの数 = (和+差)÷2
  • 小さいほうの数 = (和−差)÷2

 

詳しい解説と解き方はコチラをご覧ください。

 

数字が3つ以上の和差算など

ほかのパターンの和差算は下記のページをご覧ください。

【問題】 和差算(2)
2から20まで全部で10個ある偶数の数のうち9個を足したものから、残りの1個の数字を引くと82になりました。引いた数はいくつでしょうか?

 

この問題の解説と解き方はコチラ

 

【問題】 和差算(3)
しんご君はお父さんとお母さんと3人でゲームをしました。一番多く勝ったのはお父さんでお母さんよりも56点多く、しんご君よりも38点多い得点でした。お母さんとしんご君の得点を足すと64点になりますが、それでもお父さんの得点のほうが高いです。3人それぞれの得点は何点でしょうか?

 

この問題の解説と解き方はコチラ

 

イチオシ! スタディサプリ小学講座の応用講座に特殊算についての解説動画があります。
学年別に取り扱っているのは下記の通り。

  • 6年生…流水算、通過算、時計算、旅人算応用
  • 5年生…旅人算、相当算、還元算、平均算、仕事算、倍数算、ニュートン算
  • 4年生…和差算、やりとり算、消去算、つるかめ算、過不足算、方陣算

わかりやすいと評判なので見たことがない人は下記からチェックしてみてください。
スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

PR


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方