特殊なパターンの算数文章題対策

中学入試に出る特殊なパターンの算数文章題

方陣算ニュートン算など中学入試に出てくる算数文章題の中で特殊なパターンのもの(主流でないもの)の解き方を解説しています。

 

つるかめ算など定番で出題されるものは問題集や参考書などで取り上げられることも多いのですが、特殊算にはつるかめ算以外にもいろいろなパターンがあります。

 

知らないと入試本番で苦戦してしまうので、方陣算やニュートン算などマイナーなものも一通り知っておくことが大切です。ぜひ、このカテゴリの記事を参考にしてみてください。

 

算数文章題:方陣算(基本パターン)の解き方

【方陣算の基本問題(1)】

 

81個のご石を正方形にしきつめるとき、1辺に使うご石の数は何個になりますか。また、一番外側に並んでいるご石の数は合計で何個になりますか。

 

方陣算の問題

 

解答・解説はコチラから

 

算数文章題:中空方陣算の解き方

【中空方陣算の問題(1)】

 

360個のご石を使って、真ん中に正方形ができるように3周分ご石を並べました。このとき一番外側のご石の数はいくつになるでしょうか。

 

解答・解説はコチラから

 

算数文章題(倍数算)の問題パターンと解き方

倍数算とは、「」や「割合」の変化に関する問題のことです。
いくつかのパターンがありますが、基本的なパターンを覚えてしまえば難しくありません。

 

まずは例題を見てみましょう。

 

続きはコチラ

 

中学受験に出る周期算の解き方と練習問題

周期算とは、同じパターンで繰り返される数字などに関する問題です。
「数字など」となっているのは、数字だけでなく曜日の場合もあるためです。

 

周期算は問題パターンがいくつか決まっています。
それでは、順番に見ていきましょう。

 

周期算の基本問題(1)と解き方

【問題(1)】
次の数字はある規則にしたがって並んでいます。
123番目に来る数字はなんでしょうか?

 

4,2,1,4,3,4,2,1,4,3,4,2,1,4,3,4,2,1…

 

解答・解説はコチラ

 

中学受験に出る場合の数の基本問題と解き方

中学入試で出題される「場合の数」の問題にはいくつかの決まったパターンがあります。
この基本パターンを覚えてしまうことが、応用問題も解けるようになるコツです。

 

まずは、基本問題で解き方だけでなく考え方も理解するようにしましょう。

 

【場合の数の基本問題−1】
1,2,3,4,5の5枚のカードを使って2ケタの数字を作るとき、何通りの数字ができますか?ただし、同じ数字のカードは1度しか使えません。

 

解答・解説はコチラ

 

中学受験に出る場合の数「組合せ」問題の解き方

中学入試で出題される「場合の数」の問題には、「組合せ」を求めるものと、「並べ方」を求める問題があります。まずは、この2つの違いを整理しましょう。

  • 組合せ…順番を区別しない
  • 並べ方…順番を区別する

1,2,3の3枚のカードから2枚を選ぶときで考えてみます。

  • 組合せ…1と2、1と3、2と3の3通り
  • 並べ方…1→2、1→3、2→1、2→3、3→1、3→2の6通り

 

並べ方順番を区別するので、「1→2」と「2→1」は別のものと考えます。
一方、組合せは2つが何かを問うものなので「1と2」「2と1」はどちらも同じと考えます。

 

このため同じ条件(3枚のカードから2枚を選ぶなど)であれば、「組合せ」のほうが場合の数は少なくなります。では、具体的な「組合せ」問題で考えてみましょう。

 

場合の数「組合せ」問題

【問題】
A、B、C、D、E、F、Gの7枚のカードから、3枚のカードを選ぶときの選び方は全部で何通りありますか?

 

解答・解説はコチラ

PR


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方