中学入試(算数)に出る相当算の解き方と練習問題

相当算(基本問題2)の解き方

引き続き中学受験算数の文章題で出る相当算についての解き方の解説です。
では、問題文からチェックしていきましょう。

 

相当算の基本問題

 

しおりさんは一日目に本の5分の1を読み、二日目には15分の6を読みました。
それでもまだ本には読んでないページが120ページあります。
この本は全部で何ページでしょうか?

 

少し複雑になりましたが相当算基本問題(1)と同じ考え方で解けます。

 

問題では一日目と二日目に分かれていますが、これをまとめてしまえば簡単になります。
では、順番に解き方を見ていきましょう。

 

相当算の解き方

一日目に5分の1、二日目に15分の6を読んだということは、
二日間では、 5分の1 + 15分の6 = 15分の9 読んだということになります。

 

15分の9 読んだということは、
読んでいないページは、15分の6 なります。

 

ここまで整理してみましょう。

  • 読んでいないページ…15分の6
  • 読んでいないページ…120ページ(問題文から)

これを相当算の公式に当てはめれば答えが出ます。

 

【相当算の公式】
もとにする量 = くらべる量 ÷ 割合

 

もとにする量 = 120ページ ÷ 「15分の6」
もとにする量 = 300ページ

 

「もとにする量」が、全体の量=本の総ページ数です。
答え…300ページ。

 

相当算の練習問題(2)

かずおくんは一日目に本の3分の1を読み、二日目には4分の1を読み、三日目には5分の1を読みました。それでもまだ本には読んでないページが130ページあります。
この本は全部で何ページでしょうか?

 

解答はコチラ ⇒ 相当算練習問題の解答

PR


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方