中学入試(算数)に出る相当算の解き方と練習問題

相当算(基本問題3)の解き方

今回も中学受験の算数に出てくる相当算の解き方の解説です。
では、問題文からチェックしていきましょう。

 

相当算の基本問題(3)

 

みなみ小学校の6年生は55%が男子です。また、6年生男子で塾に通っている子は11人いて、これは6年生男子の2割にあたります。
みなみ小学校の6年生は全部で何人でしょうか?

 

これも相当算の問題です。

 

2段階に分けて考える必要がありますが、その前に複雑な問題文は整理するのがコツです。
順番に見ていきましょう。

 

相当算基本問題(3)の解き方

まずは、55%、2割となっている数字をあわせましょう。

  • 55% → 0.55
  • 2割 → 20% → 0.2

これで問題文を整理すると、

  • 6年生の0.55が男子
  • 6年生男子の0.2が塾に通っていて、この人数が11人

 

相当算の公式にあてはめて、6年生男子の数を求めます。

【相当算の公式】
もとにする量 = くらべる量 ÷ 割合

もとにする量 = 11人 ÷ 0.2
もとにする量 = 55人

 

次に、6年生の数を求めます。
6年生男子の数が55人で、6年生全体に対する割合が0.55なので

 

もとにする量 = 55人 ÷ 0.55
もとにする量 = 100人

 

答えは100人となります。

 

相当算の練習問題(3)

ひがし小学校の6年生は6割が女子です。また、6年生女子でクラブ活動をしている子は63人いて、これは6年生女子の70%にあたります。
ひがし小学校の6年生は全部で何人でしょうか?

 

解答はコチラ ⇒ 相当算練習問題の解答

PR


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方