相当算の解き方(中学受験の算数教室)

相当算の解き方

中学受験の算数に出てくる相当算についての解説です。

 

相当算というのは、割合から全体の数などを求める問題です。
いろいろなパターンがあるので順番に見ていきましょう。

 

【基本問題】 (本のページ数を求める)

 

みのりさんは3時間かけて本全体の5分の2を読みました。まだ読んでいない残りのページは120ページあります。この本は全部で何ページでしょうか?

 

「ひっかけ」に注意

この問題には答えを求めるのに関係のない数字があります。ちょっとした「ひっかけ」ですので気をつけましょう。この問題の解き方解説はコチラ ⇒ 相当算(本のページ数を求める問題)の解き方

 

相当算の公式

相当算を解くには覚えておきたい公式があります。

【相当算の公式】
もとにする量 = くらべる量 ÷ 割合

 

この相当算の公式をどのように使うかは、実際の問題で解説した下記のページを参考にしてください。