和差算の解き方(中学受験の算数教室)

和差算の解き方

中学受験の算数に出てくる和差算のオリジナル問題と解き方の解説です。
和差算は、二つの異なる数字の和と差から、それぞれの数字を求める計算です。

2つの数字を足すのが「和」、引き算が「差」です。

 

中学入試の問題では、ほかの文章題と組み合わせて出ることもあります。
基本的な和差算の問題は次のようなものです。

 

和差算(基本問題)の解き方

【金額が出てくる和差算の問題】
はるかさんと弟の一か月のおこづかいを足すと1,800円になります。はるかさんが弟より200円多くおこづかいをもらっているとすると、二人のそれぞれのおこづかいはいくらでしょうか?

 

これが最も基本的なパターンの問題です。
和差算は公式をあてはめて解くことができます。

和差算の公式

  • 大きいほうの数 = (和+差)÷2
  • 小さいほうの数 = (和−差)÷2

とは2つの数字の足し算の答えのこと、とは2つの数字の引き算の答え(大きい数字から小さい数字を引く)のことです。

 

くわしくはコチラのページで解説しています ⇒ 和差算の解き方を基本問題で確認

 

和差算には他にもいくつかのパターンの問題があります。
下記の記事で解説しているので確認してみて下さい。