中学受験(算数)に出る流水算の解き方と練習問題

流水算の解き方

中学受験の算数で出てくる流水算について解説しています。
流水算というのは、川を進む船の速さや時間を求める問題です。

 

船の速さだけでなく、川の流れの速さと川を上るのか下るのかにより解き方が異なります。
代表的な問題をあげてみます。

【例題】流水算の基本問題

 

時速12キロの速さで進む船が、時速4キロで流れている川を、80キロ下るのに必要な時間は何時間でしょうか?

 

流水算には速さを求める公式があります。

流水算の公式

  • 船が下る場合の速さ = 船の速さ + 川の流れの速さ
  • 船が上る場合の速さ = 船の速さ − 川の流れの速さ

 

この公式をあてはめれば解けます。
上記の例題の解き方、解説は時間を求める流水算ページを見てください。

 

距離、速さを求める問題

流水算には進んだ距離や船の速さを求める問題もあります。
例題を見てみましょう。

 

【例題】進んだ距離を求める流水算の問題

 

静水時の速さが時速20キロの船が、2時間川を上りました。
川の流れが時速6キロだった場合、進んだ距離はどのくらいでしょうか?

 

この問題の解説と解き方はコチラ

 

【例題】船の速さを求める流水算の問題

 

時速6キロで流れている川があります。
この川を船で2時間下ったところ、40キロ進みました。
静水時の船の速さはどのくらいでしょうか?

 

この問題の解説と解き方はコチラ

 

流水算の解き方で間違いやすいポイントはココ

流水算には間違ってしまいやすいポイントがあります。
解き方がわかっていたのに得点できなかったというのはもったいないです。

 

気をつけるべきポイントを覚えておいてください。
では、問題例をもとにチェックしてみましょう。

 

流水算で間違いやすいところは?

【流水算の例題】
時速3キロで流れている川があります。この川を時速15キロの船で下るとき、72キロ先の地点には何時間後に到着するでしょうか?

続きはコチラ

 

距離や速さを求める問題でも川を上るのか下るのかがポイントになります。
それぞれの解説ページで確認してみてください。

 

【保護者必見】算数の成績を上げるために必要なアプローチは?

算数は単元によって得意不得意がわかれやすい教科です。

 

「計算問題は得意だけど、図形が苦手」「図形の問題はひらめくんだけど、文章題はまったくわからない」なんてことがありがちなのが算数です。

 

どうすればイイのか?

 

苦手な単元、得意な単元ごとにカリキュラムや勉強方法や勉強時間を変えることが必要です。単純に苦手な単元を集中的に勉強すればイイというものではありません。

 

苦手なことばかり勉強していては、モチベーション(やる気)が下がってしまうからです。得意なことも勉強して、自信を持つことも受験勉強では大切です。

 

ただ、こうした「サジ加減」は集団塾ではできません。
決められたカリキュラムに従って授業が進行していくからです。

 

そこで、個別指導塾
一人ひとりにあわせたカリキュラムを作成してくれることがメリットです。

 

算数の成績が伸び悩んでいるのであれば下記などを検討してみてください。
【個別指導塾スタンダード】


 
スランプ克服法 動画で学ぶ 成績を一気に上げる 鶴亀算の解き方 植木算の解き方