算数検定2021年の日程

算数検定2021年の日程

2021年度算数検定(数学検定)の実施日程は下記の通りです。学校で団体受検を受け付けていなくても、個人受検なら誰でも受けることができるでの、挑戦してみてください。

数学検定の問題は「ひっかけ問題」のようなものがなく実力が測れる良問が多いと評判なので、中学受験生にとっても力試しに向いています。

算数(数学)検定の日程(2021年個人受検)

試験日受付開始日申込締切日試験級
4月11日2月8日3月5日1級〜8級(※1)
7月18日5月17日6月8日
10月31日8月30日9月21日

※1…1級〜5級は数学検定、6級〜8級が算数検定。
9級〜11級は個人受検では実施されません。

団体受検は11月以降もありますが、個人受検10月31日が2021年度の最後で、次は2022年度(2022年4月以降)となります。個人受検を予定している人は気をつけましょう。

 

算数(数学)検定のレベル)
数学検定(級)レベル算数検定(級)レベル
1級大学程度6級小学校6年程度
準1級高校3年程度7級小学校5年程度
2級高校2年程度8級小学校4年程度
準2級高校1年程度9級小学校3年程度
3級中学校3年程度10級小学校2年程度
4級中学校2年程度11級小学校1年程度
5級中学校1年程度

 

算数検定で最も難しいのは6級になります。

 

算数検定6級の目安(レベル)は、小学校6年程度となっていますが、実際の出題は6年生レベルの問題が45%、5年生レベルの問題が45%、そのほかの特有問題が10%となっています。

 

算数検定6級の概要
  • 試験時間…50分
  • 出題数…30問
  • 合格基準…70%程度
  • 検定料…3,000円(個人受検)

ツルカメ算、旅人算、流水算など特殊算の解説動画が充実

 

小5 算数(応用講座)「第20講 相当算@ もとになる数を求める」、小6 算数(応用講座)「第7講 通過算@ 通過するために動く長さ」など、いろいろなパターンの特殊算を学ぶことができます!
スタサプ 小学講座

page top