12の段の九九(12×1〜12×9)の考え方

12の段の九九は、こたえの「十の位」の数字(上位ケタ)と「一の位」の数字(下位ケタ)にわけて覚えます。

十の位のこたえ 1から4までは同じ数字、「×5」以降はひとつ上の数字
一の位のこたえ 【2,4,6,8】と増え、「×5」のときに【0】、「×6」から【2,4,6,8】

 

表にするとこうなります。

 

一覧で覚えましょう。

12×1= 12
12×2= 24
12×3= 36
12×4= 48
12×5= 60
12×6= 72
12×7= 84
12×8= 96
12×9= 108

 

12の段の2ケタの九九(12×11〜12×19)

こたえを「百の位」「十の位」「一の位」にわけて覚えます。

 

百の位のこたえ 「×16」までは【1】、「×17」からは【2】
十の位のこたえ 【3,4,5,6】と増え、「×15」から【8,9,0,1,2】
一の位のこたえ 【2,4,6,8】と増え、「×5」のときに【0】、「×6」から【2,4,6,8】

 

12の段の2ケタの九九こたえ一覧

12×11= 132
12×12= 144
12×13= 156
12×14= 168
12×15= 180
12×16= 192
12×17= 204
12×18= 216
12×19= 228

 

12の段の九九の反復計算ドリル

問題 答え
12×11= 132
12×12= 144
12×13= 156
12×14= 168
12×15= 180

赤い部分をクリックすると正解が表示されます。

ちがう問題にして再チャレンジ

ココをクリックすると問題が入れ替わります