算数が苦手な人向け「速さの公式」の覚え方

算数が苦手で覚えられる速さの公式の覚え方

算数に出てくる速さの公式の覚え方としては「は・じ・き」が有名ですが、いまいち覚えにくいという人もいるのではないでしょうか。算数が苦手な人にはわかりにくいですよね。

 

そこで、「は・じ・き」以外の速さの公式の覚え方を紹介してみたいと思います。

 

「は・じ・き」の公式とは

まず最初に「は・じ・き」の公式について確認してみましょう。
「は・じ・き」は、それぞれ次のことを意味しています。

  • 「は」 … 速さ
  • 「じ」 … 時間
  • 「き」 … 距離(道のり)

これを円の中に当てはめると計算式がわかるというのが「は・じ・き」の公式です。

はじきの公式

  • は(速さ)=き(距離)÷じ(時間)
  • じ(時間)=き(距離)÷は(速さ)
  • き(距離)=は(速さ)×じ(時間)

これがわかりにくいのは、どの場所が「は」なのかを覚えないといけないことですよね。

 

一番上が「は」で、そこから時計回りに「は・じ・き」なら、まだ覚えやすいのですが、左下から始まって反時計回りというのは、なかなか覚えられません。

 

算数が得意な子にとっては、このぐらいは難なく覚えられるのかもしれませんが、苦手な子にとってはカンタンではありません。別の方法で覚えましょう。

 

2×3=6で「は・じ・き」

算数が苦手な子にとっては具体的な数字で当てはめて考えるほうが覚えやすいものですし、間違いも起きないものです。速さの公式はカンタンなかけ算だけ覚えればOKです。

 

は(速さ) × じ(時間) = き(距離)
⇒ 時速2キロの速さ で 3時間進む と 6キロになる

 

覚えるときは下記のようにしましょう。

 

「は・じ・き」は「2(ニ)、3(サン)が6(ロク)」

 

速さの公式は3つすべて覚える必要はありません。
ひとつを覚えていれば、あとは式を変形して覚えられます。

 

は(速さ) × じ(時間) = き(距離) で かけているものをイコール(=)の反対側に持ってくるには割れ(÷)ばOKです。

  • は(速さ) = き(距離) ÷ じ(時間)
  • じ(時間) = き(距離) ÷ は(速さ)

に変形できます。

 

円に書いて覚えるのが苦手な人は「は・じ・きはニサンがロク」と覚えるようにしましょう。

ツルカメ算、旅人算、流水算など特殊算の解説動画が充実

 

小5 算数(応用講座)「第20講 相当算@ もとになる数を求める」、小6 算数(応用講座)「第7講 通過算@ 通過するために動く長さ」など、いろいろなパターンの特殊算を学ぶことができます!
スタサプ 小学講座

page top